スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元GE原発技術者 菊地洋一さんの「原発講演会」報告(5月28日)

 5月28日、鹿児島市の東本願寺別院で、菊地洋一さんの「原発講演会」が開催されました。
 台風近づいて、雨模様でしたが90名近くの方(宗教者と医療関係者等)に参加いただきました。
 「原発はいらない!」「九州の玄海と川内原発を止める」ために、たくさん方に菊地さんの講演を聴いていただきたいです。
DSC00344.jpg

DSC00357.jpg


■ベントについてFRIDAY4/5号の記事を転載します (菊地さんコメント)

 疑われる最大の危機 福島第一原発「再臨界」の可能性
[前略]政府と東電は国民の眼前で放射性物質の拡散を公言も、実行している。
「今後(原子炉の水蒸気を排出する) ベントの可能性はある」
 枝野幸男官房長官(46)は3月 2 9 日の参院予算委員会でこう発言した。
ベントとは、炉内の圧力を下げるために行なう排気である以上、放射性物質を拡散する行為でもある。過去、繊GE(ゼネラル・エレクトリック)原子力事業部極東東京支社に勤務し、東海原発2号機、福島第一原発6号機の建設に関わった菊地洋一氏は、こう警告を発する。
 「よくニュースなどでベントから圧を逃がすという話を聞くが、国民はハッと気づかないといけない。チェルノブイリの事故のとき、『日本の原発は、万が一事故が起きても格納容器があるから放射能を一切外に出しません』と謳〈うた〉っていたんです。しかもベントは国際機関の勧告があって世界中の原発が取り付ける中、日本の技術は優秀だから取り付けを渋った経緯があります。
 ベントから逃がす空気は、放射能に汚染されています。ヨーロッパではベントの先に施設をつなげ全て放射性物質を除去し、その後に大気中に放出する。日本では、簡単なフィルターしかありません。途端に周囲の放射線レベルが上がることも国民に知らされてはきませんでした」


 Ustreamで、菊地洋一さんのインタービュー内容を見ることができます。
 菊地洋一氏(元GE技術者・福島第一原発設計者)
 2011年4月21日 http://iwakamiyasumi.com/archives/8821

 福島第一原発事故は、津波が原因だと強調されていますが、地震によって配菅が壊れて事故が拡大していったのだと、実際に建設に関わった技術者として指摘。国や電力会社の説明は間違っていると強調されました。
 日本は、地震列島です。その上に54基の原発が稼働しています。
 すべての原発を止めることが必要です。

 あなたは、どこに住んでいますか?
 原子炉から半径160Kmの範囲の線。確認してみてください!

 genpatufollout.jpg

 菊地さんは、低線量被曝と内部被曝の問題を強く指摘していました。
 「アヒンサー 死にいたる虚構 -国家による低線量放射線の隠蔽-」
  2010年6月25日発行 
 発行/PKO法「雑則」を広める会 東京都武蔵野市境2-11-4 100円

 新聞報道記事です。
■「地震で配管壊れた」元原発技術者が講演
  朝日新聞 2011年05月30日
 http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000001105290005
 東京電力の福島第一原子力発電所の事故であらわになった原発の問題を考えようと、原発技術者だった菊地洋一さん(69)が28日夜、鹿児島市の東本願寺鹿児島別院で講演会を開いた。菊地さんは「津波のせいで事故が起きたという説明は違うと思っていた。壊れたのは配管。マグニチュード9の地震で、上からつり下げる構造の配管がもつはずがない」と指摘した。
 「九条医療者の会かごしま」「念仏者九条の会・鹿児島」などが主催した。
 菊地さんは米国の原発関連会社の技術者として東海原発2号機、福島第1原発6号機の建設に関わった。
 原発関係会社をやめた理由については、「福島原発建設に参加した先輩技術者が『この原発はもたない。やめるべきだ』と会社に訴えたが、受け入れられず辞職したことにショックを受けた」と語った。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ローパス

Author:ローパス
九条医療者の会の事務局を手伝っています。
鹿児島から発信する憲法9条と25条を活かす社会を作りましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。