スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年2月4日 佐藤真紀学習会報告

■2017年2月4日 佐藤真紀学習会報告
 IMG_7015.jpg IMG_7010.jpg IMG_7011.jpg DSC_0666.jpg 2017佐藤真紀チラシ DSC_0668.jpg

 2月4日、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)の事務局長 佐藤真紀さんをお呼びして、学習講演会「中東での人道危機と医療従事者の役割 イラクでの経験をふまえて」をおこないました。佐藤真紀さんは、これまでのイラクでの医療支援活動を、小児がんの子どもたちの絵や映像で紹介し、イラクやシリアなどの中東の情勢や難民問題などにも触れて、お話くださいました。
 紛争地域では、病院など医療を受ける基盤も破壊され、治療を受けるために多額の費用(治療費のみならず、国外に移動する費用なども含め)を準備しなければならないことなど、戦争がいかに人々の命や健康をおびやかすかを学びました。平和を守っていく事がいかに大切かを考える機会となり、医労連からの“戦争に協力しない”労使共同宣言アピールも報告されました。参加者は医療従事者、一般市民あわせて50名、内訳としては9条医療者のかごしまの会員22名、その他の医療関係者7名でした。子どもを連れた医療従事者の方も参加され、以下のような感想をいただきました。
 ・現地に根をおろして危険を顧みず頑張っていらっしゃる佐藤さんのお話には切迫感と説得力があり、中東の情勢が改めてよく理解できました。子どもたちの絵や動画を駆使したお話でしたので、中学生の子どもも理解しやすかったと思います。平和が当たり前になっている(平和ボケした)我が子には刺激的な講演でしたが、社会を考える契機になってくれる事と、今回の学習会に心から感謝申し上げます。
 その他アンケート報告参照ください。もっと多くの方に聴いていただきたい学習会で、広報のしかたを考えさせられました。(事務局 吉見修子)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:ローパス
九条医療者の会の事務局を手伝っています。
鹿児島から発信する憲法9条と25条を活かす社会を作りましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。