スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元外務省国際情報局長 孫崎享氏が語る、〈原発事故〉と〈TPP〉

JunJunBlogからの転載です。
■元外務省国際情報局長 孫崎享氏が語る、〈原発事故〉と〈TPP〉
  http://www.janjanblog.com/archives/97416
 元外務省国際情報局長、孫崎享〔まごさきうける〕氏が、「脱原発ひとすじ25年」の〈たんぽぽ舎〉(東京・千代田区)に招かれ、『原発・TPPなどとアメリカ ―米国からの圧力による戦後史―』と題して講演会をおこなった(6月19日)。孫崎氏の話は、原発やTPPに見られる日本の危機的状況について概観、さらにその中で私たちがどう現状を打開していけばよいかを展望する、示唆に富んだものであった。

◇◆◇ 〈ウソと詭弁〉に気づくことがスタート ◇◆◇
 孫崎氏は、外務省退職後にツィッターを、さらには「ニコニコ動画」も最近始めたという。講演では、その時のエピソードも紹介された。
 「担当者が言うのです…〈マゴサキ革命〉だって…。何のことかと思ったら、『孫崎さんは、ニコニコ動画に60代の人たちを連れて来た』と…(笑)。そう言われて、喜んでよいのか、悲しむべきか、わかりませんでした」
 時おり冗談を交えて、孫崎氏は原発やTPPをはじめ、いまの日本の状況に強い憂慮を示す――。「いまの日本のいちばんの危険は、もっと重要なことを話すべき人が話さないことです。〈ウソと詭弁〉で、ありとあらゆることを進めて行こうとしているのです」
 新刊の『これから世界はどうなるか ―米国衰退と日本―』(ちくま新書)からも引用しつつ、孫崎氏はメディア、技術的専門家、学者、政府の言うことが人々から信用されなくなっている現状を指摘する。
スポンサーサイト
プロフィール

ローパス

Author:ローパス
九条医療者の会の事務局を手伝っています。
鹿児島から発信する憲法9条と25条を活かす社会を作りましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。