スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も語らない地方議会の中身~利権と諦めに終止符を!

 首長と議会の「二元代表制」が地方自治の仕組み。首長や行政機関のチェック機能を果たしていない議会。実態は、なれ合いか利権、あるいは改革を進めようとすると首長や行政機関と対立の構図が、鹿児島の阿久根市や愛知の名古屋市でもここ数日、マスコミ・報道や世間をにぎわしています。
 議会が不信任するから「専決処分」で改革を実行する首長とそれに反発する議会。政治は妥協の産物であるが、そこに至るまでには相対立していても議論が必要です。まどろっこしけれどそれが民主主義です。
 戦後民主主義は、国政においても、地方政治においても根付いてきたのか、疑問です。

 2006年と2008年に、鹿児島大学と鹿児島国際大学で、「誰も語らない地方議会の中身~地方議員としての10 年の経験から~おかしなことがまかり通る摩訶不思議な世界?!」との演目で講義をしたことがあります。地方議員としての10年の経験から、地方議会の実態が如何に「市民感覚」からしておかしなことが、議員の世界ではまかり通るのか…

 詳しくは、こちらへ http://www.synapse.ne.jp/~aunion/06kadaikougi5.pdf

 2006年11月に調査した鹿児島県内市町村議会の「議員特権」に関するアンケート集約結果
 http://www.synapse.ne.jp/~aunion/kakenjititaigintokken%20ankert.pdf

『地方自治 利権と諦めに終止符を』
 講義のベースは、1998年、今から12年前に地方議会を市民の目線で改革ではないか、との思いで「地方議員の実態」を『地方自治 利権と諦めに終止符を』(南方新社 地方議員と市民の政策研究会編 四六判 179ページ)を出版。
 報告者は、五十嵐敬喜(法政大)、坂東義雄(鹿児島大)、平井一臣(同)、増本亨(唐津市議/当時)、続博治(隼人町議/当時)他。利権が横行する地方政治への不信、そして諦め。地域社会の再生への道筋を探るための一つのテキストである。

 二元代表制を活かすためには、質の高い議会を作り出すことです。そのためには、議員である続けることだけが目的と化し、何期も議員の職にしがみつく議員ではなく、市民感覚をなくなさい、政策立案能力を持った議員を数多く生み出すことです。

 河北新報の記事です。
≪地方議会の二元代表制在り方問う 議員ら交流会議で討論≫
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/08/20100829t71028.htm

≪議会改革にツイッター活用も 地方議員や市民らがシンポ≫
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/08/2010082901000445.htm
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ローパス
九条医療者の会の事務局を手伝っています。
鹿児島から発信する憲法9条と25条を活かす社会を作りましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。