スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OurPlanet-TV…「とあるユートピアの物語」~アレクシェービッチ講演

OurPlanet-TVからの転載です。
■「とあるユートピアの物語」~アレクシェービッチ講演
     2017年1月13日
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2076
 原発事故にあった人々の証言を集めた「チェルノブイリの祈り」などの著作で知られる、ベラルーシのノーベル文学賞作家でジャーナリストのスベトラーナ・アレクシエービッチさんが11月28日、東京外国語大で名誉博士号を授与され、記念講演を行った。直前に訪問した福島の被災地について、「私が「チャルノブイリの祈り」で描いたことと全く同じものを目にした」と述べた。
 
記念講演「とあるユートピアの物語」(45分)

 アレクシエービッチさんは学生との対話に先立ち、「とあるユートピアの物語」と題する記念講演を行った。アレクシエービッチさんは、自身特有の表現方法が生まれてきた過程を振り返りながら、これまで話を聞いてきた人々のエピソードを紹介。「一人の話は個人の運命だが、百人の話は歴史になる」と、市井の人々の言葉をすくい上げることの重要さを説いた。
 アレクシエービッチさんは、一冊の本を書き上げるまでに、5~6年の歳月をかけるという。1冊の物語を仕上げる間に、耳を傾ける人の数は400人から500人にのぼる。「私の仕事はインタビューではなく、命についての対話」生々しい人々の言葉にこそ魂が宿るとの見解を語った。
 
学生との対話「福島、チェルノブイリと同じ印象」(15分)

 学生と1時間ほど対話では、原発問題や現在のロシア情勢などについて質問が飛んだ。アレクシエービッチさんは原発事故被災地で、避難者に話を聞いた印象などを紹介。打ち捨てられた家屋や見放された避難者の姿をチェルノブイリに重ね、「チェルノブイリ事故と同じく、国は人の命に全責任を負わない」と国のあり方を批判。そのうえで、「日本社会には抵抗という文化がないように感じた」と述べた。
 またロシア情勢をめぐっては、アフガン戦争などが美化されつつある現状を厳しく批判。プーチン大統領の進める軍拡政策や言論封殺について、「新たな愛国主義が広がっている」「恐ろしいことが起きている」と憂慮した。そして学生たちに対し、「たった一人であっても、孤独に打ち勝ち、人間らしさを失ってはならないことを理解してほしい。」と語りかけた。
スポンサーサイト

OurPlanet-TV…除染費用300億は国民負担へ~復興が指針を決定

OurPlanet-TVからの転載です。
■除染費用300億は国民負担へ~復興が指針を決定 
     2016年12月20日
   http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2081
 政府は20日、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で立ち入りが制限されている「帰還困難区域」の除染費用について、東電には求めず、国が負担する方針を明記した指針を閣議決定した。
 
来年度300億を国民負担
 決定した基本方針では、政府は来年度、帰還困難区域の中に住民が居住できる復興拠点を設置。この復興拠点を優先的に除染を進めて、5年後をめどに避難指示解除を目指す。復興拠点の除染は国費で行うと、除染費用として、来年度予算として約300億円を計上する予定だ。また、これに伴い、1月から始まる通常国会に、福島復興再生特措法の改正案を提出することにしている。
 これまで、除染の費用は、汚染者負担の原則に基づき、東電が負担することが法律で定められていたが、大きな方針転換となる。閣議決定後のブリーフィングでは、記者から「東電救済ではないか」と質問が相次いだか、内閣府 原子力災害対策本部の新居泰人参事官は「国が前に出て、除染とインフラ整備を一体的にやっていく。政策の新たな展開だ」「町づくりのための除染だ」と説明した。

Ourplanet-TV 小児甲状腺がん患者に療養費〜市民団体

Ourplanet-TVからの転載です。
■小児甲状腺がん患者に療養費〜市民団体
    2016年11月25日
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2071
   https://youtu.be/moTDFjztcBk
 東京電力福島第一原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもなどを支援する市民団体「3・11甲状腺がん子ども基金」は記者会見を開き、12月1日から患者への経済的な支援のスタートすると発表した。
 給付対象は原則、事故以降、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、新潟、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡の1都14県に居住していた25歳以下で、甲状腺がんまたは疑いがあると診断された人。給付金は1人10万円で、アイソトープ治療の必要があると診断された人にはさらに10万円が支給される。12月1日から申請の受付けを開始し、毎月、審査を経て支給される。
 副代表理事の海渡雄一さんは、給付の性質について、科学的な因果関係問わず、あまねく支援するものと説明。2012年に成立した「原発事故子ども・被災者支援法」の理念と同じだとしたうえで、同法が成立しても、国に義務づけられた医療の包括支援策がなされていないと批判。それに手をこまねいているわけにはいかないと、療育費支給事業の意義を語った。
 福島県の甲状腺検査では170人以上ががんの疑いがあると診断されているほか、茨城県北茨城市や宮城県丸森町などで、小児の甲状腺がんが見つかっている。
 
資料請求は
 http://www.311kikin.org

OurPlanet-TV 原発避難者ら「路頭に迷う」~住宅支援の継続要望

OurPlanet-TVからの転載です。
■原発避難者ら「路頭に迷う」~住宅支援の継続要望
   2016年11月8日
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2070
  https://youtu.be/nIPAGUKFuig
 住宅支援が来年3月に打ち切られるのを前にして、8日、原発事故による自主避難者らが支援の継続を求めて、政府交渉を行った。
 政府交渉を行ったのは、自主避難者らがメンバーの4団体で、対応したのは内閣府や復興庁、国土交通省、環境省ら国の担当者と福島県の担当者。被災者らは、除染が不十分であることや、福島県の小児甲状腺がん及び疑いが174人になっていることを指摘。
 これに対して、環境省の担当者は「除染実施前と比べて、空間線量は低減している。フォローアップを行う」「甲状腺の被ばく線量は、チェルノブイリよりも低い。原発事故が根拠であることは認められない」と答えた。
 住宅支援に関して、内閣府の担当者は「災害救助法に基づくもので、都道府県知事が判断する」と説明。福島県の担当者は、市町村の除染計画が進んでいることと、食品の安全性の確保を理由にあげ、「避難指示区域外の方への支援を終了することは県が判断した」と認め、住宅支援打ち切りを見直さない考えを明らかにした。
 被災者らは「避難生活を続けたい」「路頭に迷うような追い出しはしないで欲しい」と住宅支援の継続を訴えた。
 
関連サイト
 「避難の権利」を求める全国避難者の会
  http://hinannokenri.com/
 原発事故被害者団体連絡会(略称・ひだんれん)
  http://hidanren.blogspot.jp/
 原発被害者訴訟 原告団全国連絡会
  http://jnep.jp/genzenren/index.html
 
関連動画
 「避難指示」解除区域も住宅支援打ち切りへ〜2018年春(2016年1月20日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2019
 「住宅支援の継続を」福島県庁前で避難者がハンスト(2015年6月11日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1926
 「住宅支援なければ生活困窮」全国の自主避難者ら訴え(2015年6月9日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1925
 「打ち切らないで」住宅支援の延長もとめ署名提出(2015年5月26日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1920
 原発避難者「路頭に迷う」~住宅支援継続求め署名4万提出(2015年5月13日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1912
 住宅支援と健康調査の政府交渉~子ども被災者支援法(2014年10月8日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1838
 原発避難者〜長期的な住宅支援を求め国に要望(2014年6月9日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1794
 住宅支援の継続も求め〜原発避難者が都に要望(2014年3月19日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1747
 「住宅支援打切り」復興庁主導か〜自主避難者をめぐり文書入手(2013年9月13日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1645
 福島県外への避難に壁~年末で住宅支援打ち切り(2012年12月26日)
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1505

IWJ-「3・11甲状腺がん子ども基金」設立記者会見 2016.9.9

JWJからの転載です。
■「3・11甲状腺がん子ども基金」設立記者会見 2016.9.9
  http://iwj.co.jp/wj/open/archives/330607
 2016年9月9日(金)、東京都品川区の城南信用金庫本店にて、「3・11甲状腺がん子ども基金」設立記者会見が開かれた。

■ハイライト
 会見者:崎山比早子氏(主催代表理事、元国会事故調査委員会委員)/武藤類子氏(主催副代表理事、福島原発告訴団団長)/河合弘之氏(主催理事、弁護士)
 日時:2016年9月9日(金)11:00〜
 場所:城南信用金庫本店(東京都品川区)
 主催:3・11甲状腺がん子ども基金 (Facebook)

プロフィール

ローパス

Author:ローパス
九条医療者の会の事務局を手伝っています。
鹿児島から発信する憲法9条と25条を活かす社会を作りましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。